■ 外壁仕上材剥落防止システム ボンド カーボピンネット工法
カーボピンネット工法の概要 TOP▲
ボンド カーボピンネット工法は、外壁タイル・モルタルのはく落を防止し、補強するシステムです。繊維ネットとカーボンファイバー含有ポリマーセメントで壁面を一体化し、さらにステンレスアンカーピンで躯体に強固に固定することで、新規仕上げとして各種塗装はもちろんタイル貼りも可能な下地を提供します。
■ 塗装仕上げ ■ タイル貼り仕上げ
◎建設省(現国土交通省)技術評価認定工法(建技評第96106号)
◎都市再生機構(旧都市基盤整備公団)認定工法
◎技術審査証明取得工法(BCJ-審査証明27)
◎第三者賠償責任保険付き(工事完了後)
ボンドカーボピンネット工法は、壁面全体を繊維ネットと炭素繊維配合ポリマーセメント材で補強・一体化し、さらにステンレスアンカーピンでコンクリート躯体に固定することにより、将来に渡って仕上材のはく落を防止するとともに、新規仕上げに好適な下地を提供する外壁リニューアルシステムです。ボンドカーボピンネット工法は以下の3つのプロセスから構成されます。
1)
既存仕上げ層表面にプライマーとして1液型弾力性エポキシ樹脂を塗布後、炭素繊維配合ポリマーセメント材を塗付け、ビニロン三軸ネットを貼付けます。
2) ネットの上から側壁は4本/m2、バラペット天端は6本/m2の注入口付ステンレスアンカーピンをコンクリート躯体に打ち込み、エポキシ樹脂を注入します。
3) さらに炭素繊維配合ポリマーセメント材で被覆して強固な改修層を形成します。これらのプロセスにより、劣化した既存外壁の一体化およびコンクリート躯体への固定がなされ、強固な新規仕上げ用下地が完成します。なお、新規仕上げとしては、塗装及びタイル貼りが適用可能です。
工法の特長 TOP▲
■ 新規仕上げとしてタイル貼りも可能です
・ ボンドカーボピンネット工法は以下に示す耐久性の高い材料を使用して、既存仕上材のはく落防止を行うと共に、新規仕上げに好適な下地を提供します。新規仕上げとしては塗装はもちろん、タイル貼りも可能としました。
■ 強執な繊維ネットを使用します
・ 耐アルカリ性を有し、耐久性に優れます。
・ 三軸ネットのため、縦・横・斜めの応力に対応します。
・ 適度の伸びで変形に追従し、剥落防止効果に優れます。
・ 補強効果が大きく、施工性に優れます。
■ CPアンカーピンNで固定します
・ 拡張子とエポキシ樹脂を併用して固定するため、
  引抜き耐力、せん断耐力に優れます。
・ ワッシャー付きアンカーピンにより、
  ネットおよび既存仕上材を強固に固定します。
・ ステンレス製のため、耐久性に優れます。
■ 透湿性を有します
・ 2成分系高圧定量ポンプによるスプレー吹付施工により、大幅な省力化と飛躍的な施工能率のアップを可能にしました。また、定量ポンプに計測装置を搭載していますので、材料管理が容易で、均一な品質と膜厚管理が行えます。
■ 認定技術者による施工体制
・ 本工法は、特殊工法であり、品質の確保と徹底を図るため、施工技術を取得した認定技術者による施工体制をとっております。
施工方法 TOP▲
■ 工法フローチャート
■ 施工手順
[1] 下地表面処理 [2] プライマー塗布
[3] 中塗り(1回目) [4] VMネット貼付け
[5] アンカーピン固着 [6] 中塗り(2回目)
お問い合わせ TOP▲
お電話、メールにて下記までお気軽にお問い合わせください。
こちらのフォームメールからもお問い合わせ頂けます≫
ホーム業務案内リムスプレー雨漏り調査厨房塗り床改修 SS-5外壁改修会社案内アクセスお問い合わせ
ALL CONTENTS COPYRIGHT (C) IKUNO INC. ALLRIGHTS RESERVED.