■ ダイナミックレジン工法(上下水道施設コンクリート構造物用)
ダイナミックレジンの特長と主な用途 TOP▲
ダイナミックレジンは、エポキシ樹脂の特長である優れた接着力、耐蝕性、防水性等の諸長所に加え、各工法毎に適した工法をご用意しています。
■ 特長
優れた接着力 / 優れた耐蝕性 / 優れた防水性 / 安定した耐薬品性と水質維持
長期にわたって安定した特質を保持
■ 主な用途
農業集落排水、雑排水槽施設
上水道施設コンクリート構造物用ライニング
浄水場(着水井、沈砂池、濾過池、配水池、受水槽など
その他(農業用水路、工業用水路、プール、養魚池、コンクリート構造物)
工法バリエーション TOP▲
DSK-FRP149 工法
ポリエステル樹脂+ガラスマット工法
日本水道協会の品質規格
JWWA K-149 (2004) 適合
ポリエステル樹脂とガラスマットの複合により、強靱で耐温水性、耐薬品性、耐久性に優れた塗膜を形成します。上水施設のコンクリート構造物に塗布することで、優れた防水・防食・水質維持性能を発揮します。
DSK-143 工法
スタンダード工法
日本水道協会の品質規格
JWWA K-143 (2004) 適合
無溶剤エポキシ樹脂の強固な塗膜で、高い防食性能が得られます。
DSK-143D 工法
シート工法
DSKシートを複合することにより塗膜のピンホールを防止でき、安定した防食性能が得られます。
DSK-143G 工法
ガラスクロス工法
ガラスクロスの働きにより、強靱且つ耐久性に優れた塗膜を形成します。
お問い合わせ TOP▲
お電話、メールにて下記までお気軽にお問い合わせください。
こちらのフォームメールからもお問い合わせ頂けます≫
ホーム業務案内リムスプレー雨漏り調査厨房塗り床改修 SS-5外壁改修会社案内アクセスお問い合わせ
ALL CONTENTS COPYRIGHT (C) IKUNO INC. ALLRIGHTS RESERVED.